Pocket

PIAAのフォグライト用LEDバルブ「LEF202」の交換手順をメモします。色温度は6000K、明るさは1000lmのLEDバルブになります。

20140316-1

作業を始める前に、商品の内容品を確認します。内容品はLEDバルブとコネクターとなります。コネクターは極性を確認してから取り付けるようです。コントローラーはありませんので、取り付けは簡単そうです。

20140316-2

1.作業しやすいようハンドルを回してタイヤの向きを変えます。フェンダーライナーをめくるため、スクリュー1ヶ所とクリップ2ヶ所を外します。

20140316-3

2.フェンダーライナーをめくって作業スペースを確保します。すき間は思ったよりも狭く、手が入れづらいです。

20140316-4

3.ツメを押してコネクタを外します。続いてバルブを反時計方向へ回して外します。

20140316-5

4.外したバルブです。H16タイプ、19Wのハロゲンバルブです。

20140316-6

5.LEDバルブを仮接続し、点灯および極性の確認を行ないます。

20140316-7

極性は車両側ハーネスの青=プラス、白/黒=マイナスでした。

20140316-8

6.LEDバルブのハーネスにコネクタを取り付けます。

20140316-9

7.LEDバルブを取り付け、コネクタを接続します。配線が長かったのでタイラップで止めました。あとは、フェンダーライナーを戻して完了です。

20140316-10

色温度の比較です。左が純正のハロゲンバルブ、右が交換したLEDバルブです。ヘッドライトと同等の白さになりました。

20140316-11

夜に点灯するとこのようになりました。ポジションランプと比べて色温度はわずかに高めでしょうか。PIAAには明るさ2400lmのLEDバルブもありますが、ロービームの補助的に使用するには明るさ1000lmで十分した。

20140316-12

この車の情報は「みんカラ」にも掲載しています。
http://minkara.carview.co.jp/userid/2104285/car/1605140/profile.aspx

ノア ヴォクシー 80系(ZRR80) フォグランプをLEDに交換
Pocket